静岡の茶生産を支えた商法会所・常平倉

連載企画:幕末の渋沢栄一~尊皇攘夷の志士に垣間見えた商売の才能~ 静岡市出身の歴史学者・岡村龍男氏に寄稿いただいた渋沢栄一氏と静岡にまつわる書き下ろし連載記事をご紹介します。 第五回 静岡の茶生産を支えた商法会所・常平倉 ―静岡の茶業を鼓舞する渋沢栄一―...

商法会所・常平倉を成功させた御用商人たち

連載企画:幕末の渋沢栄一~尊皇攘夷の志士に垣間見えた商売の才能~ 静岡市出身の歴史学者・岡村龍男氏に寄稿いただいた渋沢栄一氏と静岡にまつわる書き下ろし連載記事をご紹介します。 第四回 商法会所・常平倉を成功させた御用商人たち...

渋沢栄一と静岡商人たちとの対立

水稲耕作の跡が豊富に残る登呂遺跡の全国的な知名度から静岡は稲作が盛んな地域であったかのようなイメージが定着していますが、江戸時代の駿府は慢性的な米不足に悩まされていた町でした。

渋沢栄一と萩原四郎兵衛

萩原四郎兵衛は、文化12年(1815年)8月16日、駿府安西二丁目の萩原久左衛門(きゅうざえもん)の長男として生まれました。天保4年(1833年)に萩原家の本家・土太夫町(どだゆうちょう)の萩原四郎兵衛家に養子に入り、七代目四郎兵衛となりました。渋沢栄一より25歳年上であり、親子

渋沢栄一の出生

渋沢栄一と言えば、「日本資本主義の父」という経済人のイメージが強いのではないでしょうか。しかし、青年期の渋沢は、当時の同年代の若者と同じく、新たな時代を夢見た草莽(そうもう)の志士でした。そんな渋沢が一橋慶喜に仕え、明治維新を経て駿府・静岡の地にたどりつくまでの青年期を振り返って

渋沢栄一と静岡

新壱万円札の肖像となる渋沢栄一(1840年3月16日~1931年11月11日)。今、なぜ渋沢栄一なのか――。 渋沢栄一は、明治政府の大蔵官僚として新しい日本の財政制度を整え、退官後は実業家に転じた、知られざる明治時代の偉人です。